やわらかい受け

  • LINEで送る

当会では、体術は、剣の世界を体現化の一つとして捉えています。

そのために受けは、

投げられたではなく、斬られないために捌いたり、斬り返すための柔らかさを求めます。

初心者には、

勝手に受けを取らないこと。

カラダを固めないこと。

を徹底的に意識してもらいます。

固めないでと言うと、勝手に受けをとり、勝手に受けを取らないでと言うと固めてしまうものです。

かなりの人がこれに戸惑ってしまいますが、相反するものではなく、並存するというか、ただ、柔らかくしていればよいのです。

柔らかさは、正しい方向を導き、ぶつかりを産まず、時には強さもそこに見いだせるのです。

  • LINEで送る