剣の為の体術

  • LINEで送る

剣術、居合がメインではありますが、体術の稽古も剣が上達するために重要です。無駄なく、必要最低限の力で、剣を扱うことが初動を消したり、腕ではなく、下半身の緩みて剣の方向を変えたり。こうした方向で稽古をすれば、体術の稽古がそのまま、剣の稽古になり、より上達に近付きます。体術の場合。相手と接した状態で、行うので分かりやすいです。

ただし、互いに何のために 何をしてるかを 理解していなければ、意味がなくなる場合あります。稽古は考えずにやってもダメですが、考え過ぎても動けなくなります。理解して考えずにやるのです。

  • LINEで送る