頑張らない

  • LINEで送る

槍が剣より圧倒的に優位性があるように、体格が良い者、力が強い者は、 そうでない人よりも同じ土俵では圧倒してしまいます。

限定下のもとで、力や大きさ、長さで対抗しないことを学ぶのも稽古で行います。

無理なもの、出来ないものはあるわけで、そこに執着せずに、自分がやれることをどうやるかの工夫が稽古の楽しみになります。

いかに無理しない、頑張らないかも、またアプローチの一つでもあります。

下の稽古風景では、力のない人が、力を入れて剣を振ったところ、たいして影響はないのです。

腕の力を抜いて 打ち込もうする意識も抑えることで、初動が小さくなり、速さが出てきて、また、胸が緩んでいることで、剣に体が入り重さを産み出します。更に相手の中心をしっかり観ることで、点.線.面で働きが起きています。

そこには、自分が出来ないことを無理にやろうとしない意識があり、出来ないことが分かるからこそ、出来る自分に出会えるのです。

  • LINEで送る