離れない

  • LINEで送る

剣を抜く時にも、自分の身体のそばで扱うことが基本の一つとなりますが。

柔の体術でも同じです。柔らかく自分のそばで流れに巻きこむように崩すのです。

チカラで押せば、相手は離れていき、相手の意思とは関係なく無理な崩しになるわけです。

自分の身体の側で扱うことで、相手は自然に崩れていくのです。

自分の剣がそうであるように自分の身体の側であれば、自分の動きに反発しないでするのです。

  • LINEで送る