剣の為の体術

剣術、居合がメインではありますが、体術の稽古も剣が上達するために重要です。

無駄なく、必要最低限の力で、剣を扱うことが初動を消したり、腕ではなく、下半身の緩みて剣の方向を変えたり。
こうした方向で稽古をすれば、体術の稽古がそのまま、剣の稽古になり、より上達に近付きます。

続きを読む

稽古の意味

稽古には当然いろいろなやり方アプローチがあります。難しいのは、そこに何の意味があり、なんの為にやっているかをどこまで理解してやっているかです。古武道系の稽古では、手を掴んでいる状態から技を掛ける場合あります。この状態だと、掴まれ接しているので自分の動きが察知されやすいわけです。力や小手先のテクニックではなく、初動を察知されずに動くことで、相手の肩を抜いて崩してしまいます。

続きを読む