構を観る

実際に動きを観なくても、静止している状態で、その人の動きの質や動いた場合の前後は分かるもの。
剣の構も当然わかりやすいです。

続きを読む

中心に入る

相手の中心に入ると簡単に言っても、難しいものです。

まして、相手が中心を守っている場合、なかなか簡単にはいかないです。

続きを読む

常に柔らかく

武術の柔らかさは、柔らかさを意識して作るものではなく、常に柔らかくありたいものです。

構えるのではなく、より最善の状況に変えるために事態を受け入れる柔らかさ。それが強さになると。

続きを読む