均衡

均衡とは、二つまたはそれ以上の物事の間で、力や重さなどの釣り合いがとれていることやバランスを指す言葉です。

型稽古において、この均衡の状態を作ることも重要です。写真のように剣先の付けが、相手の中心を抑えることで、打太刀を動きを止め。互いが安易に動けない。そこを仕太刀は、剣先を落とし、打たせるわけです。誘いを仕掛ける、それに相手は乗る。互いにやるべき仕事をやって、間、呼吸を学ぶのが、型稽古の楽しさです。

構を観る

実際に動きを観なくても、静止している状態で、その人の動きの質や動いた場合の前後は分かるもの。剣の構も当然わかりやすいです。

面白いのは、正面より、横、さらに背後からが、一番分かる。

表は、とりつくれても、裏、後ろは、隠しきれないもの。

中心に入る

相手の中心に入ると簡単に言っても、難しいものです。

まして、相手が中心を守っている場合、なかなか簡単にはいかないです。

多くは、2つのことをやってしまいます。

一つは、相手の守っているものを外そうすることです。外そうとすると、相手は反発するから、ぶつかり合います。

二つめは、回り込んで取ろうとします。回り込むと、相手が真っ直ぐに守っていると、自分の中心が先に取られてしまいます。

相手の中心に対し、どれだけ直線に入れるか。

真っ直ぐ点を取って、線を合わせるのです。

常に柔らかく

武術の柔らかさは、柔らかさを意識して作るものではなく、常に柔らかくありたいものです。

構えるのではなく、より最善の状況に変えるために事態を受け入れる柔らかさ。それが強さになると。

写真では、背後から両足を抜いても、焦らず、身体を固めずに前受身をしてます。

両肩に力が入ってないのが分かると思います。

技は掛けないで掛ける

技の稽古をすると、当然、その技を習得したい思いはでます。手を握っている状態であれば、受け手も、その思いは伝わるわけです。

人によっては、腕や指の力の変化がなくても、僅かな違和感で反応してしまいます。

しようとするから、伝わるわけで、しなければよいわけです。

相手を倒すのではなく、自分も一緒に倒れればよいわけです。

自分が倒れたから、相手も倒れたとも。