一致

上半身と下半身の動きの一致が重要です。

上半身が先に動くと手打ちになり、下半身が先に動くと相手に動きが察知されます。

続きを読む

目立つところを使わない

相手はどう、いつ、どんな動きますをするかを観る必要があります。

逆に自分の立場であれば、それらを分からせたくないわけです。

居合ならば、まずは抜く時に右手の存在を消したいわけです。そうかと言って消えるわけでないので、いかに目立たず使うかです。使って使わず。


続きを読む

離れない

剣を抜く時にも、自分の身体のそばで扱うことが基本の一つとなりますが。

柔の体術でも同じです。柔らかく自分のそばで流れに巻きこむように崩すのです。


続きを読む