稽古日誌

常に柔らかく

武術の柔らかさは、柔らかさを意識して作るものではなく、常に柔らかくありたいものです。

構えるのではなく、より最善の状況に変えるために事態を受け入れる柔らかさ。それが強さになると。

写真では、背後から両足を抜いても、焦らず、身体を固めずに前受身をしてます。

両肩に力が入ってないのが分かると思います。

技は掛けないで掛ける

技の稽古をすると、当然、その技を習得したい思いはでます。手を握っている状態であれば、受け手も、その思いは伝わるわけです。

人によっては、腕や指の力の変化がなくても、僅かな違和感で反応してしまいます。

しようとするから、伝わるわけで、しなければよいわけです。

相手を倒すのではなく、自分も一緒に倒れればよいわけです。

自分が倒れたから、相手も倒れたとも。

点 線 面

稽古では、相手の中心を意識するということを常に心掛けてもらいます。

中心はどこにということに悩まされます。

どこをどう観るかは、相手や状況によってかわりますが。

自分がそこを抑えられたら、動きにくい、場合によっては動けなくなる。そういった感覚です。

まずは、点で観ることから、そして線でも、面でも、ひろげていきます。

面を作って

線を意識して

点を取って

ただ緩む

剣の為の体術

剣術、居合がメインではありますが、体術の稽古も剣が上達するために重要です。無駄なく、必要最低限の力で、剣を扱うことが初動を消したり、腕ではなく、下半身の緩みて剣の方向を変えたり。こうした方向で稽古をすれば、体術の稽古がそのまま、剣の稽古になり、より上達に近付きます。体術の場合。相手と接した状態で、行うので分かりやすいです。

ただし、互いに何のために 何をしてるかを 理解していなければ、意味がなくなる場合あります。稽古は考えずにやってもダメですが、考え過ぎても動けなくなります。理解して考えずにやるのです。

やわらかい受け

当会では、体術は、剣の世界を体現化の一つとして捉えています。

そのために受けは、

投げられたではなく、斬られないために捌いたり、斬り返すための柔らかさを求めます。

初心者には、

勝手に受けを取らないこと。

カラダを固めないこと。

を徹底的に意識してもらいます。

固めないでと言うと、勝手に受けをとり、勝手に受けを取らないでと言うと固めてしまうものです。

かなりの人がこれに戸惑ってしまいますが、相反するものではなく、並存するというか、ただ、柔らかくしていればよいのです。

柔らかさは、正しい方向を導き、ぶつかりを産まず、時には強さもそこに見いだせるのです。