稽古日誌

対人

武術武道は、対人を常に意識します。

相手と自分を向き合う世界。

稽古において、特に居合は、自分一人になりやすいです。よく、想定敵(仮想)と言いますが、想定敵が、動かなかったり、追ってこなかったり、隙をついてこない想定敵であれば、それは自分都合の存在でしかならないです。

続きを読む

中心に立てる

稽古中に頻繁に出るフレーズに中心があります。

中心を守って

中心を取って

中心を抑えて

などです。それぞれの稽古内容、段階で伝えたいことに差はありますが。中心への意識を育てることは、居合、剣術、体術、杖術、全てのうちの稽古を通して学んでもらいたい重要なことです。

続きを読む

まずは力を抜く

稽古では、力を抜くことをまず心掛けて貰います。
ただ、脱力していればよいわけではなく。自分の軸をしっかり立てます。

そして、ぶつからないことを稽古で学んでいきます。

続きを読む