稽古日誌

使わない

カラダを捌く稽古。

片膝で座った状態で相手が正面打。

捌く稽古なので、自分の腕は使う必要はなく。

ただ、カラダを半身に切るだけでよいのです。

ついつい腕で受けようとしたり、逃げようとして追われてしまいます。

続きを読む

一致

上半身と下半身の動きの一致が重要です。

上半身が先に動くと手打ちになり、下半身が先に動くと相手に動きが察知されます。

続きを読む

目立つところを使わない

相手はどう、いつ、どんな動きますをするかを観る必要があります。

逆に自分の立場であれば、それらを分からせたくないわけです。

居合ならば、まずは抜く時に右手の存在を消したいわけです。そうかと言って消えるわけでないので、いかに目立たず使うかです。使って使わず。


続きを読む