稽古の意味

稽古には当然いろいろなやり方アプローチがあります。難しいのは、そこに何の意味があり、なんの為にやっているかをどこまで理解してやっているかです。古武道系の稽古では、手を掴んでいる状態から技を掛ける場合あります。この状態だと、掴まれ接しているので自分の動きが察知されやすいわけです。力や小手先のテクニックではなく、初動を察知されずに動くことで、相手の肩を抜いて崩してしまいます。

続きを読む

頑張らない

槍が剣より圧倒的に優位性があるように、体格が良い者、力が強い者は、 そうでない人よりも同じ土俵では圧倒してしまいます。

限定下のもとで、力や大きさ、長さで対抗しないことを学ぶのも稽古で行います。

無理なもの、出来ないものはあるわけで、そこに執着せずに、自分がやれることをどうやるかの工夫が稽古の楽しみになります。

いかに無理しない、頑張らないかも、またアプローチの一つでもあります。

続きを読む